【虚無主義】生きている意味なんてものは無い。人は皆平等に無価値である。

生きている意味なんてものは無い。

人は皆平等に無価値である。

 

生きていることに対する考え方は、4パターンある

①根拠があって生きることに意味があると思い込んでる人

②根拠はないが生きることに意味があると思い込んでる人

③根拠もなくて生きることに意味がないと思い込んでる人

④根拠があって生きることに意味がないと思い込んでる人

この根拠というのは宗教や哲学、誰かや何か影響されて得た考え方、自分の体験の中から得た考え方など、絶対的、普遍的な価値を持つモノではないが各々が信じているモノのことだ。

「人は生かされている。生きてることへの感謝が大事」と言う人もいるだろう。俺の曾祖母がそうだった。

 

スポンサーリンク
ワードプレス336×280

生かされていると考えるか、死ねないと考えるか

俺の曾祖母は沖縄県民だ。戦争体験者だった。

武装したアメリカ軍が上陸作戦で沖縄本土に乗り込んできたが、命からがら逃げることができた。

それからウンと長生きして5年ほど前に亡くなった。95歳だった。

そんな曾祖母は「人は生きているのではなく生かされている」と言っていた。

自分の力だけで人は生きているのではなく大きな力に守られて生かされているのだと。

 

俺の場合は2度の自殺経験と1度のバイク事故合わせて3度死にかけた。

そんな俺の哲学は「人は死ねない」だ。

人には死ぬタイミングが決まっていて、そのタイミングになるまでたとえどんなことがあろうとも死ぬことはないという哲学だ。

酒と睡眠薬を大量に飲んでも死ぬことはなかった。

無理な割り込みをしてきたトラックを避けようとバイクでスリップしたが後続車に轢かれることもなく掠り傷ですんだ。

うつ病で苦しんでいた2016年に自殺を計画し2018年5月までには死ぬ予定だったが、これを書いている2019年7月現在、死ぬ予定はない。

 

俺の曾祖母は上でいうパターン①だったんだろう。対して俺はパターン④だ。

どちらも自身が死にかけた体験の中から生きることについて考えて、自分なりの結論を出した形に変わりはない。だが出した結論が全く正反対だ。

 

ここで大事なのは、どちらかが一方が間違っていて、どちらかが絶対に正しいということではない。

俺が戦争体験者で目の前にアメリカ軍が迫ってきて生き延びることが出来たら生かされてると感じるかもしれない。

祖母かハーレーダビッドソンでハイウェイを駆け抜け事故って死にかけたら人は死ねないと感じるかもしれない。

結局は全ては思い込みに過ぎない。どんな宗教だろうがどんな哲学だろうが絶対に正しいということはない。

 

①か④のパターンになれば楽になれる

非常に羨ましい話だが、わざわざこんな難しいことを考えなくとも楽しく生きてる人もいる。

自分でも知らず知らずのうちに何かしらの根拠を無意識のうちに獲得して、生きることに意味を感じている人もいるだろう。

なんの根拠も持っていないが、人生に苦労もなく生きていることに疑問を感じることのない、生きることの意味に対して悩みを持たない人もいるだろう。②のパターンといえる。

 

パターン③の、

生きている意味という答えの存在しない無意味な問いに対して延々と考え続けてしまい、

誰かや何かにすがることもできず、宗教や哲学を持てないまま、

なぜ苦しいのに生きていなきゃいけないのかと、生きている理由を考え続け苦しみから抜け出せない人もいる。

昔の俺のことだ。

 

俺の場合は死を間近に体験したことで

「人は死ねない。定められたその時、タイミングが来るまでは自分の意志で死のうとしても死ぬことはできない」

死が絶対の救いだとしても、救いは与えられない

そう実感した。

 

ということで今現在、③のパターンに陥り絶賛苦しんでいる過程にいる方はパターン④の考え方を取り入れることをオススメします。楽になれますよ~

パターン①かパターン④のどちらかに振り切ることができれば楽に生きることが出来るようになるでしょう。

オススメはパターン④です。一緒に虚無主義(ニヒリズム)を胸に抱いて生きませんか?生きる意味を求める苦しみから解放されますよ~

 

自分を苦しみから救うのは自分だけですよ。

 

 

意味がないならどう生きればいいのか?

生きていることに意味が無く、死ぬことができないなら、どう生きればいいのか?

そんな問いに対するニヒリズムの答えはシンプル。

自分が楽しいと思うことをするだけ。

自分が好きなこと楽しいと感じることをしていて、その瞬間は自分が満たされていると感じられるなら、人生に意味がなくとも人生は楽しく充実したものになる。

 

刹那的な快楽を求めるだけの人生に意味があるのか?と考えるかもしれないが、そもそも意味がないんだから考えるだけ無駄なことである。

どうせ死ねないんだから楽しいことを求め、快楽主義で生きようじゃないか。

 

やがて死を迎える全ての生命に意味なんてものは存在しない。

微生物、昆虫、哺乳類、植物、全てに生きる意味なんてものはない。

もちろん全ての生物の頂点に立つ偉大なる人類様の送る生涯にだけは素晴らしい価値がある!なんて都合のいいことはありえない。

人生に意味はない。これを書いてる俺も、これを読んでいるあなたにも、日本の総理大臣にだって、アメリカの大統領であろうが誰の人生にも意味はない。

 

だがしかし、生きていることに意味がなくても楽しく充実した人生は送ることはできる。

自分で自分を満たす、ただそれだけさ。

スポンサーリンク
ワードプレス336×280
ワードプレス336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする