[お手軽DIY] 材料は「すのこ」と「結束バンド」だけ!棚の作り方を解説!

どうも!本格的なDIYよりお手軽なDIYが好きなkenoko114514です。

先日「すのこ」を使って棚を自作したので、その作り方を解説します。

木を切ったり、釘を打ったり、ネジを閉めたり、穴を空けたり、そんな手間は一切ご不要!

材料は「すのこ」と「結束バンド」の2つだけ!あなたも一緒にお手軽DIYを楽しみませんか?

注意:洋服やタオル、ティッシュペーパーなど軽めの物を収納する棚としてご利用ください。

スポンサーリンク
ワードプレス336×280

材料は「すのこ」と「結束バンド」

材料は以下の2つです。

・すのこ

・結束バンド

この2つだけで作れます。釘やネジ、ボンドなどは使わないので非常にお手軽です。

すのこは、ケーヨーデイツーで購入できる「桐すのこ」がオススメです。

2枚入りで約400円、使用するのは5枚なので3つ購入。お値段は約1200円です。

もう一つ材料の材料が「結束バンド」です。別名「インシュロック」とも呼ばれています。

こちらは前に100均で買ったものが余っていたので使いました。持っていないよーという方はホームセンターでも売っているので、すのこと一緒に用意しましょう。

組み立てる前の注意点

組み立てて棚を作る前に、1点だけ注意する箇所があります。

この「桐すのこ」という商品は、端っこが短い方と、長い方があります。

写真では左側が短く、右側が長くなっています。

組み立てるときに端の長さを間違えてしまうと、一回バラして、もう一度組み立て直すことになります。(体験談)この点だけご注意ください。

いざ組み立て

1.T字に組み立てる

まずは「桐すのこ」を2枚をT字になるように置きます。

2枚のすのこをT字に配置したら、結束バンドで固定します。

すのこの下駄と呼ばれる、裏側にある四角く細長い木を、上の写真のように結束バンドで固定します。

とりあえず2か所固定すれば大丈夫です。

2.H字に組み立てる

T字に固定出来たら、反対側も同じように固定してH字に組み立てます。

ここで「組み立てる前の注意点」で挙げた、端の長さに注意してください。

棚を組み立てたとき、ここの長さだけは間違えてはいけません。間違えると、傾いた棚になります。

写真では範囲外ですが、長い方と短い方を確認してから固定してください。

そして、もう一つ注意点。

すのこの端の長さが違うので、H字に固定するとき、片方は隙間があきます。

片方は下駄同士がくっつきますが、もう片方はこんな具合に隙間ができます。

ですが問題ありません。隙間は気にせずに結束バンドで固定しましょう。

こちらも2か所固定すれば大丈夫です。

ここまで組み立てると、こんな具合になります。

これだけでも見た目は棚っぽいですが、グラグラ揺れあと2枚すのこを組み立てれば、しっかりとした棚になるのでご安心を。

3.すのこを上にも固定して天板を作る

上にもすのこを乗っけて固定し、天板を作りましょう。

H字に組み立てた上にすのこを乗せて、固定します。

H字の真ん中にあるすのことは逆向きに取りつけます。こうした方がほんの少し強度が出ると思いますす。

4.背面にすのこを入れる

コレが一番重要です。

H字に組んで天板を乗せただけですと、グラグラして使い物になりません。

しかし、背面にすのこを入れると、グラグラせずしっかりとした棚になります。

背面を作っていきますが、作業するときは手前から取りつければ良いです。

上の写真のように、上に付けた天板すのこの端が長いほうに、今から入れる背面すのこの端が短いほうを合わせます。

すると、天板すのこの下駄と、側面すのこの下駄の間に、背面すのこの下駄がピッタリ入ります。

そうすると、反対側も同じようにピッタリと入ります。

こちらは、側面すのこの下駄、天板すのこの下駄、背面すのこの下駄の順にピッタリと入ってくれます。

ピッタリ入ったら結束バンドで固定しましょう。

写真は実際に使用する際の向きに合わせました。

このときは、下駄と下駄ではなく、側面の板の部分背面の下駄を結んで固定しています。

写真で見るとこんな感じです。

同じように天板と背面すのこも固定しましょう。

こちらは天板と背面の、板の部分同士を結んでいます。

5、結束バンドの余りを切る

背面すのこを入れれば組み立ては終わりです。

仕上げに結束バンドの余っている部分を切りましょう。

普段ならめんどくさがって切らないですが、写真をブログに載せるので見栄えを気にして切っています。

私のように残っていても気にならない人は、切らなくても良いですよ~

簡単!お手軽!すのこ棚の完成!

これで完成です。すのこで作った棚が出来上がりました。

すのこを6枚用意したのですが、5枚しか使いません。

余った1枚は、とりあえず下の段に入れておきました(固定はしていません)。

大きさは縦75cm横77cm奥行およそ30cmです。A4クリアファイルや1.5リットルのペットボトルが縦に入る大きさです。

ためしに350mlの缶ジュースを12本、2段に重ねて置いてみました。

ちなみに置いている飲み物は大好物のルートビアです。

48本入りを通販で買ってしまいました。

宅配のお兄さんが凄く嫌そうな顔をしていましたが、

350ml×48本=16,800ml≒17㎏あるんですよね・・・

階段を上って運んで頂いて、本当にありがとうございました。

話を戻しまして、缶ジュースを12本置くと350ml×12≒4.2㎏になります。

4.2kgを乗せると、板が若干曲がっているのを確認できます。

荷重が掛かる真ん中だけ、少したわんでいるのが写真で確認できます。。

ですので、缶ジュースや飲料水など液体を乗せるのは危険です。棚が崩壊する恐れがあります。

同じように、本など紙類も重たいので乗せない方がよいです。

本を7冊置いた程度では曲がりませんが、増やすと確実に曲がります。

もし真似して棚を作られた際には

  • 服やタオル類
  • 靴やサンダル
  • カバン、バッグ
  • シーズン外の掛け布団
  • トイレットペーパーなど軽い消耗品

このような軽い物を置く棚として使って頂けるよう、よろしくお願い申し上げます。

「この通りに作ったのに崩壊したぞ!」と言われても、一切責任は持てません。

実用例

私はこんな感じに使っています。

なんか生活感満載ですいません(/ω\)ハズカシ…

真ん中の段にキャンプ用品、冬服、寒いときに使っていた電気あんかを収納しています。

下の段にルートビアと服、隠れて見えずらいですがトイレットペーパーを置いています。

洗濯籠とクイックルワイパーのシートが上に置いてありますが、そのうち片付けます。

側面にクイックルワイパーが立てかけられるのも、地味ですが非常に便利です。

反対側は100均で購入したウォールポケットを側面に付けています。

冬に使う手袋やマフラーなど、小物を収納するのに役立ちます。

私は玄関に棚を置いているのですが、リビングにこの棚を置くならテレビのリモコンやスマホ、ボールペンとメモ帳など小物を収納できるので非常に便利です。

ポケットにクイックルワイパーのシートも収納できるでしょう。後で片付けておきます。

すのこ棚の可能性は無限大

いかがでしょうか。釘やネジを使わないので組み立てが楽チンです。引っ越しをする際などには、結束バンドを切れば簡単にバラバラにでき、軽いので楽に持ち運べます。いらなくなったら捨てるのも簡単。すのこ万歳です!

他にも色を塗ってアンティーク調にしたり、真ん中の段を外して棒を取り付ければハンガーラックとして使うことも出来ると思います。アイデア次第で色々作れるのが「すのこ」の魅力です。自分で作るのも楽しいので是非やってみてください。

スポンサーリンク
ワードプレス336×280
ワードプレス336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする